レーシックの手術後に注意しておきたいこと

レーシックの手術自体は無事に終了したが、その後の過ごし方が原因で視力の回復が思ったほど進まなかった・・・。

こんな悲しいことにならないためにも、術後に特に気をつけておきたい事柄を以下にまとめます。基本的な禁止事項はクリニック側からも教えてもらえますので、医師の話をしっかりときいて、少しでもリスクを減らしていく努力を行なっておきましょう。

目に対する衝撃に特に気をつける

最も気をつけておきたいのが、目に衝撃を与えることです。普通に歩く程度であれば問題は無いとは思いますが、少し急ぎ足で歩いたり、走ったり飛んだり跳ねたりといった動きは絶対にやめておきましょう。

術後24時間以内は、作成したフラップが非常に外れやすい状態になっています。このフラップが何らかの要因で剥がれてしまうと大変です。このフラップが万一外れると、強い痛みを伴ってほとんど何も見えなくなってしまうとのこと。。非常に恐ろしいですね。

万一外れてしまった場合は、何を持ってしてもすぐにクリニックに連絡して緊急治療を受けなければいけません。視力回復の遅れにも繋がりますし、下手をすれば視力が回復しないかもしれません。元々あった視力以下になるかも・・・。

とにかくフラップが外れてしまうと大変なことになるので、目に対する衝撃は気にしすぎる程に、気にしておきましょう。まあ、そのために防護メガネを常に装着しておくことになるのですが。

点眼は忘れずに行なう

レーシックは角膜に切れ目をいれる立派な「手術」なので、点眼によって常に眼球を清潔な状態に保つ必要があります。特に、手術当日はデリケートな状態が続きますので、忘れずに点眼するようにします。

入浴と洗顔に関して

入浴に関しては、当日は「首から下」の「シャワー」であればOKです。しかし、私の場合は、万一目にお湯が入ってしまい、フラップが外れてしかも流れだして排水溝に流れてしまったらどうしよう!とビビっていましたので、当日の入浴は控えました。

実際問題、作成したフラップは端っこで繋がっている状態なので、コンタクトレンズのようにぽろっと落ちてしまうことは無いのですが、それでも怖いですよね。リスクは少しでも低下させておくにこしたことはありません。

尚、翌日からは普通に入浴と洗顔を行なっても良いとされていますが、私は念のために、2日目はシャワーだけにして、洗髪洗顔は3日目の夜から行なうようにしました。

車・バイク等の運転

手術の当日は当然ダメです。なので、レーシック手術を自分が運転する乗り物で受けに行くことはNGです。電車を利用するか、誰かに運転を頼むようにしましょう。これも翌日から解禁してもOKとなります。

テレビ・本・PCを長時間扱う仕事等

目を酷使することになるので、当日は控えるように説明がありました。・・・が、私はもてあました時間の誘惑に負けてしまい、当日にゲームをやってしまいました・・(見えるから調子に乗ってしまい・・・)。

本来なら禁止事項にあたる行為です。皆さんはちゃんと守るようにしてくださいね。

化粧はいつからOK?

男性の方ならほとんど関係は無いと思いますが、女性は気になるであろう、化粧の解禁時期についてです。これはそのクリニックでしっかりと詳細を聞いておいたほうが良いとは思いますが、私が受けたクリニックでは、「目の周辺」の化粧だけは、術後1週間は控えるとなっていました。

詳しいことを聞いたわけではないので憶測となりますが、化粧品にはあまりよろしくない成分がたくさん入っており、それらの成分がレーシック後の眼球になんらかの影響を与える可能性があるので「目の周辺」の化粧は1週間は控えて欲しいということになっているのでしょう。

若い頃から化粧をしていると肌の劣化が早くなるという話がありますが、その辺の成分も目にとってはとっても悪いものなんでしょうね。この辺はその業界に詳しい人の話を聞かないとなんともいえませんが・・。

海やプール、温泉

いずれも術後2週間までは控えるようにします。海やプール、温泉は、雑菌の宝庫です。この雑菌達が目に対して悪影響を与えることは、想像に難くありませんね。

私の場合はというと・・・大好きな海と川の誘惑に負けてしまい、手術から1ヵ月後の7月中旬に川で泳いでしまいました(洗)。温泉も入りましたし、一応、術後1ヶ月もすればほとんど問題も起こらなくなるようなので、クリニックにも問題ないとのお墨付きはもらっていました。

スポーツ系

術後1ヶ月からOKとなりますが、目にダメージを受ける格闘技系のスポーツはNGです。私はバイクが趣味で、年間10000~15000km程を走るのですが、半月後には往復で400km程のツーリングにも出かけています。

ただし、眼球に走行風やゴミ・チリの類が入るといけないので、防護用のメガネは術後1ヶ月間は必ず装着するようにしてバイクに乗っていました。普段の生活でも、防護メガネは1ヶ月近くは装着していたと思います。

睡眠に関して

思いのほか苦労したのが睡眠です。なぜか?私は目をこする癖があり、またアレルギー持ちでもあります。頻繁に目を擦ってしまう癖があり、目薬も手放せない様な状態なのですが、睡眠中にも無意識に目を擦ってしまう癖があり、特に術後の1週間は神経を使いましたね。

私の場合は、睡眠中にも防護メガネを装着して、そのメガネが睡眠中に外れないように工夫もしました。幸い、寝相は良い方なので、睡眠中に防護メガネが外れることはありませんでしが、目のことが気になってしまって、始めの3日くらいはあまり熟睡できませんでした。

私と同様に、目をこすってしまう癖がある人は、睡眠に関してはかなり気を配ってなんらかの対策を施したほうが良いと思いますね。

普段の生活に関して

レーシックを受けた後は、翌日、一週間後、1ヵ月後、3ヵ月後に定期健診が行なわれます。視力は時間と共に上昇し、フラップの定着も安定していくのですが、特に術後一週間は安静に過ごすように努めます。

幸い、私は仕事柄目に衝撃を受ける可能性の少ない、デスクワークがメインとなっていましたので、根をつめないように気をつけつつ、会社の配慮もあり1週間程は俗に言う「9時5時」状態で非常に負担を軽くする事ができました。

後は、なるべく雑踏は避け、目に埃が付着しないようにします。私は術後1週間は会社と自宅の往復のみ、外気に触れるような生活を続けて目の静養を行ないました。

他にも気をつけておくべきことは挙げればきりが無いのかもしれませんが、とにかく目の保護。これにつきます。料理をする人はたまねぎを切らないとか、七味やコショウといった目に刺激のあるものは使わない等、考えれば色々と出てきますよね。

目は人間にとって無くてはならない視覚を司る器官です。万一なにかあってからでは遅いので、慎重すぎるくらいでも良いでしょう。私もそれくらいの気持ちで毎日を過ごしていましたが、まあ、やっぱりある程度は適当になってしまう部分もあることにはありました・・笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする