レーシックの手術から3年後

レーシックの手術から1年後から少し時間は飛んで、3年後にどのような状態となっているかをお伝えします。今後、4年後、5年後と、このブログが続いていれば継続してお伝えしていこうと考えています。

レーシック後でも再び近視になってしまう

術後の1ヶ月検診を最後に、幸い?にもクリニックのお世話になるようなマイナス面は一度も無かったのですが、やはり一番きになるのが視力です。私は仕事柄、1日中PC画面とにらめっこしている時間が長いのですが、徐々に近視が進んでいるかな?と実感できることがあります。

特に、術後半年程は、PC画面の文字が見えづらい状態が続いていたのに、ここ最近はそういった見づらさを感じなくなっていたためです。単に慣れただけかもしれませんが、やっぱり目というものは、普段送っている生活にどんどんと最適化されていくようで、小さな文字を見るような生活を毎日続けていれば、近視も進んでいくみたいですね。

これはクリニックの先生も言ってましたね。視力が回復しても、今までと同じ生活習慣を送っていると、また目は悪くなると・・・。

レーシックって、一度受けると永遠にその視力が保証されるわけではないんです。視力が悪くなってしまう原因はいろいろとありますが、例えば暗い部屋で携帯をカチカチするような生活が染み付いていれば、近視がどんどんと進んでしまいます。

私のように、PC画面を長い時間見る必要のある職業につている人であれば、やはり近視は進んでいくでしょう。

折角回復した視力を維持していくためには、ある意味生活すらもがらっと変えてしまうくらいの配慮は必要なのかもしれません。まあそれが簡単にできれば、みんな苦労はしないとは思いますが・・・(汗

ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、術後3年経過した際、健康診断で計った視力は1.2となっていました。正直ショックですよね(笑)。わずかですが、視力が下がってきているんです。ただし、原因は分かっています。先ほどグダグダと語ったように、また近視が進んできてしまったんでしょうね。

だからPCの画面も見やすくなってきたんじゃないかなと。うーん、バランスってむつかしいですな。

視力は1.0あれば十分?

結論から言いますが、普段通りの生活を送るなら、1.5じゃなくてもいいわけです。1.0もあれば十分、何不自由なく暮らしていけます。バイクも車も大丈夫ですからね。

レーシックを受けたが1.0までしか回復しなかった・・失敗した・・。という声をネットで見かけたことがあるのですが、普段生活する分には、1.0でも十分なわけです。逆に、1.5や2.0まであがってしまうと、細かい字が見え難くなるといったマイナス面も出てきてしまいます。なので、1.0まで回復したのなら、それは失敗ではないんじゃないかな、というのが個人的な意見です。

でも、確かに、せめて「1.5」までは最低限、回復してほしいですよね。私だってレーシックを受けて、1.0までしか回復しなかったりしたら、とっても悲しい気持ちになっていたと思います。

でも、1.2まで視力が下がっても、普段の生活にはほとんど影響はありません。なんとなーく、遠くにある看板が見え難くなったかな?程度の変化は感じますが、注視しなければほとんど分からないレベルではありますから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする