術後の1ヶ月と1ヶ月検診

私が利用したクリニックでは、翌日と1週間後、1ヶ月後にそれぞれ、定期健診が行なわれます。1ヵ月後検診以降は、3ヶ月検診、6ヶ月検診と続きますが、こちらは任意で強制ではありません。もちろん無料なので、不安な人は受けておいたほうが良いでしょうね。

私ですか?えぇ、1ヶ月検診の時点でほぼ問題が無くなったので、3ヶ月目以降は検診に行ってません(笑)。もちろん、目に何か異常があればすぐに行きますが、特に気になることもなく、非常に順調に回復していたもので・・・。

ちなみに、翌日&1週間検診に関しては術後の1週間と1週間検診で詳しく書いていますので、そちらをご覧下さい。

このページでは、1ヶ月検診の様子、そしてその間の視力(見え方)の変化をお伝えしたいと思います。

術後の1ヶ月と1ヶ月検診

私の場合は、術後1週間程でかなり見え方が安定し、術後1ヶ月もすれば、ほとんど違和感なく見えるようになっていました。ただし、見えるようになって困ったことがあります。それが「近くのものが見えづらい」ということ。

私は日に8時間以上はPC画面を見ている仕事に就いており、正直パソコンを使わなければ仕事になりません。なので、がんばってPC画面を見ようとするのですが、なかなか文字にピントが合わないんですよね・・。目のピントを合わせる調節機構が、なんだか悲鳴を上げているような、そんな気がしてなりません。

この状態は今後も暫く続くことになりますが、1ヶ月検診でこの症状についてもしっかりと相談。徐々に目が慣れてくるらしいが、視力がしっかりと安定してくるまでは、まだこの状態は続くとのことでした。

その他、一通りの検査を済ませて異常は無し。検査内容は1週間検診と似たような内容で、30分程で終了です。帰りに受付で新しい目薬をもらいました。ちなみにこの目薬、数時間おきに、目薬が無くなるまで使い続けることになります。

その日の夜、会社のボーリング大会があったのですが、ここでもレーシックによる視力回復の効果を改めて実感。遠くにあるボーリングのピンがはっきりとみえるんですよね。まぁ、結果は下から数えたほうが早いという、散々なものでしたが・・・(汗

生活面に関しては、もうほとんど手術前と同じ状態でしたね。バイクツーリングにも普通に行ってましたし、温泉にも浸かってます。川でも泳ぎました(笑)。もちろんしっかりと水中眼鏡を装着し、眼球に直接水が触れないように気をつけた上での水泳です。

余談となりますが、川の中ってたくさんの魚が泳いでいるんですね。レーシックを受ける前は、海・川泳ぎの際は眼鏡を使うわけにもいかず、裸眼で泳いでいたのですが、ほとんど何も見えず、水中の景色を眺めるということは出来なかったので、これも非常に感動した出来事の一つでした。

色々とフリーダムに生活しているように見えますが、ここはあまり参考にしないでくださいね(笑)。表面上はもう完全に治っている気がしますが、手術によって切断された神経細胞はまだ繋がっていない状態です。これは3ヶ月くらいからしっかりと繋がり始め、半年程で元に戻るそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする